トップへ
      ボウリングをもっと楽しく、もっと知ってね 「基礎講座」
 単純に球を投げて、10個のピンを倒すだけ!投げ方は自由、倒し方も自由。
 スポーツは何でも、難しいものです。
 たかがボウリング、されどボウリング。
 気の合う仲間達とのボウリングは実に楽しいですね。
 でも、ボールの穴っていくつ開けてもいいの?ピンまでの距離ってどのくらい?

     規則は 日本ボウリングルール をご参考に!

<ボール編>
直径:8.5インチ(約21.6 Cm)
重量:16ポンド(約7.26 Kg) 以下
材質:プラスチック・ウレタン
穴:最大5個、埋めていない穴は指を入れて投球しなければならない。
<ピン編>
高さ:15インチ(約38.1 Cm)
重量:約1.6 Kg
幅:12.1Cm
材質:楓(かえで)で内部空洞あり
<その他>
ファール:ファールラインを超えて投球した場合で、得点は0点です。
 ガター:両側の溝を言います、一般的にはこの溝にボールが落ちること。
スパット
:ファールラインから15フィート前方の三角マークで板目5枚毎にあります。
アメリカ方式:1フレーム毎に左右のレーン交互に投球する事を言います。
ヨーロッパ方式:1ゲームを通じて同じレーンで投球する事を言います。
単位:1インチ=約2.54Cm 1フィート=約30.48Cm 1ポンド=453.6g
アプローチ:ベンチ側からファールラインまでの15フィートです。
ピンデッキ:ピンが下記のように配列されて並んでいる場所。
レーンの長さ
:ファールラインからピンデッキまでは60フィート。
ロフティング:ボールをドスンと落とすことです。反則ではありませんがやめましょう。
プロを目指したい:毎年2月上旬に申込み、3月テストのようです。詳しくはここ
左右投げで楽しみたい:第23条6項にアベレージ定義があります。ゲームは有効らしい。

<ピン配列>
 


Copyright (c) 2005 Ryuu